免疫力の低下は口唇ヘルペスの原因になることもある

口唇ヘルペスの原因は、単純ヘルペスウイルスと呼ばれるウイルスです。
このウイルスが感染することで起こるのですが、多くの人が子供の頃に大人から感染していました。
口唇ヘルペスの感染力は強いために、キスやスプーンの共有ですぐに感染してしまいます。
ただ、最近はスプーンの共有などが避けられるようになったので、大人になってから感染することも多くなりました。

子供の頃に感染して治っても、ウイルスは人間の体内に潜伏し続けています。
無症状な状態なので、自分の体内にウイルスがいるとは知らない人も多いです。
しかし、ストレスや過労などで免疫力が低下していると、日頃は抑えられるウイルスを抑えることができず、口唇ヘルペス発症してしまうことがあります。

現代の科学では、口唇ヘルペスのウイルスを体内から取り除く方法はありません。
そのため、風邪をひいて発熱したり、紫外線や気温の変化で皮膚にダメージが加わると口唇ヘルペスの原因になってしまうことがあります。
皮膚へのダメージの影響を受けやすいので、唇に傷ができると起こることもあります。
女性の場合は、生理時のホルモンバランスの変化により免疫力が低下することもあるので注意しましょう。

自分が口唇ヘルペスウイルスを持っているかは、血液検査をして抗体を調べることで分かります。
ただ、日本では10人に1人が口唇ヘルペスを発症すると言われています。
子供の頃感染する人はもちろん、大人になってから感染した人でも、再発を繰り返すのがヘルペスの特徴です。
すぐに治るからと放置していると、周りの人に感染を広げてしまうこともあります。

唇のかゆみや水ぶくれなど、不快な症状を引き起こすのが口唇ヘルペスです。
もし症状に気付いたら、タオルやスプーンなどの共有は避けて、周囲にうつさない工夫をしなければいけません。
ヘルペスウイルスは感染力の強いウイルスなので、予防することが難しいとも言われていますが、注意しましょう。

口唇ヘルペスは血液検査で抗体をチェック可能

口唇ヘルペスは風邪のように前触れもなくできてしまうので、急に唇が腫れてきて困るということもあります。
ですが、口唇ヘルペスは血液検査で抗体をチェックすることが可能なので、体調が悪い時やストレスを感じている時は試してみても良いでしょう。
口唇ヘルペスは初めてできたような人でなければ免疫ができていることも多いので2回目以降はあまり酷くならないことがほとんどですが、それでもストレスと過労が重なれば繰り返しできてしまうことが多いです。

また、風邪で体が弱っている時は皮膚も弱くなりますし、免疫力も低下することがウイルスに感染しやすくもなってしまうので注意が必要です。
そして関係ないと思われがちですが、紫外線にも注意する必要があります。
紫外線に強く当たった肌というのは軽いやけど症状であるのと同じですから、皮膚も大きなダメージを受けていることになります。
こうしたことが原因でヘルペスができやすくもなるので、肌に当たる紫外線にも注意しましょう。
無症状であっても急にできてしまうことがあるので、そういった時は自分の体が肉体的にも精神的にも参っていないか確認してみましょう。

ヘルペスは小さいものであれば、吹き出物だと思ってそのまま治ってしまうこともありますが、それは一時的なもので再発してしまう可能性もあります。
普段から栄養のあるものを取って強い体と皮膚作りをしていくようにすると良いでしょう。

また、大丈夫な状態であっても早めに皮膚科に行くことで治りも早くなるので、できるだけ早く薬を使って治すようにしても良いです。
マスクをすることで他人への感染も防げますが、早くに治すことで周囲に迷惑をかけるようなことも少なくなるものです。