日本で最も多い性病はクラミジア

日本で一番感染者が多い性病とされているのがクラミジアです。
これはクラミジアトラコマチスと呼ばれる細菌による病気です。
感染経路としては粘膜と粘膜の接触や精液や膣の分泌物を介したり、オーラルセックスによる喉への感染もあります。
感染が拡大してしまう要因の一つとしては、感染しても症状が出にくい、わかりづらいという無症状になってしまうことがあります。
また性行為の低年齢化により高校生など若い方たちの感染が多くなっているのも現状です。

クラミジアは放っておくと進行します。
クラミジアの症状は、女性は織物の増加や悪臭、陰部のかゆみや性交痛などがあります。
クラミジアの菌は性器から子宮頸管に感染して子宮頸管炎をおこします。
そしてそのまま放置すると子宮内膜、卵管、骨盤腹膜へと感染が広がり、それぞれの部位で炎症を起こすことになります。
それが不妊症の原因にもなります。

男性はクラミジアの菌が性器から尿道に感染し尿道炎を起こします。
そのまま放置すると前立腺や副睾丸にも感染が広がりそれぞれの部位で炎症を引き起こし尿道から膿が出たりします。
クラミジアは感染初期の時期にしっかりと治療する必要があります。
それが体内での感染の広がりを抑え、パートナーへ感染しないこととなり、妊娠への影響がないようにできるからです。

クラミジアの治療には抗生物質での治療が行われます。
クラミジアという性病の薬で一番ポピュラーなのがジスロマックで、多くの病院ではこれが処方されます。
これは一回飲むだけで良く、その後3~4週間後に再検査をして陰性であれば完治ということになります。
このジスロマックは保険適用されません。
費用面で負担がある方の中にはジスロマックのジェネリック薬のアジーという薬を選ぶ方もいます。
その他クラミジアの治療薬としてレボクインも適しています。
性病にならないためには以下をことを守ることが大切です。

  • その知識をしっかりと持つ
  • パートナーとの間での性交渉のみにする
  • 清潔を心がける
  • 日常生活の中でバランスの良い食生活を心掛ける
  • 適度な運動をする
  • ストレスを溜めない
これらを注意して免疫力を蓄えることが大切です。

性病を放置しておくと不妊症になる可能性がある

たとえクラミジアに感染していても初期段階であれば、男性の50パーセント、女性の75パーセントという高確率で無症状です。
それに、性行為だけでなくディープキスやオーラルセックスから感染することもあり、性交をし始める年齢が低くなっているという今の日本の現状からも高校生感染者さえいるのです。
性器のかゆみや下腹部の痛み・おりものの増加など、クラミジアの症状はあったとしても微妙です。
それにセックスが原因で感染したこと・下腹部を医師に見せなければならないことなどもあり、羞恥心を強く感じる年齢の高校生にとっては病院での診察・治療はハードルが高いでしょう。
しかしながら性病は治療を行わずにいて自然治癒する病気ではありません。
クラミジアの原因菌であるクラミジア・トラコマチスは放置しておくと増殖し、子宮内膜や卵管まで広がります。
それにより卵管の閉塞・癒着が起こることで卵子や受精卵が通過しにくくなりますし、受精卵が子宮内膜以外の場所に着床してしまい不妊のリスクが高まるのです。

それを防ぐためにも、普段からおりものの様子など気にかけておくこと、もしかしてと思ったら早めに病院に行くことをおすすめします。
ジスロマックやレボクイン・アジーといった抗生物質を服用して菌を死滅させるのです。
もし、病院にいくのが恥ずかしいなら通販でジスロマックを入手することもできます。
規定期間服用を続けた後、もう一度検査を行って菌が検出されなければ完治したということで治療は完了です。
ただその後、治療を行っていないパートナーと性行為をしてしまうとまた感染してしまうこともあります。
そのため、治療は必ずパートナーと一緒に行うようにしましょう。
恥ずかしくて病院に行けないというなら、最近では検査キットを通販で取寄せることもできます。